予算制約線と無差別曲線の計算問題①

問題

ある消費者の無差別曲線がU=xyで表されるとする。この消費者が3000円の予算でX財、Y財の2財を購入するものとし、X財の価格は300円、Y財の価格は600円であるとする。

この場合において、効用最大化を達成するX財の最適購入量x’はいくらになるか。

解法 ①

まずは予算制約線を導出します。予算が3000円、X財の価格が300円、Y財の価格が600円であることから、予算制約線は

3000=300x+600y

となります。

これをyの一次関数になるように整理すると、

y=-0.5x+5

そして、この式を効用関数U=xyに代入すると

U=xy

=x(-0.5x+5)

=-0.5x^2+5x

効用が最大となるのはU’=0となるときなので、

U’=-x+5=0  ∴ x=5

解法②

まずはMUx、MUyを求めます。

MUx=∂U/∂x=y , MUy=∂U/∂y=x

ここで、加重限界効用均等の法則を用います。

Px=300,Py=600であるので、

MUx/Px=MUy/Py

⇔y/300=x/600

⇔y=0.5x

そして、①と同じなので予算制約線の計算方法は省略しますが、予算制約式と連立して、

0.5x=-0.5x+5

⇔ x=5

となります。

参考記事 ⇒ 『予算制約線と無差別曲線

スポンサーリンク

 
もし参考になったらシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です