弾力性の計算問題②

問題

ある財の価格が1000円から500円に下落したところ、需要量が400個から500個に増加した。この財の価格弾力性はいくらになるか。

解説

まずは価格の変化に着目します。価格Pが1000円から500円に下落していることから、ΔP=-500となります。

次に、需要の変化については、400個から500個へ増加しているので、ΔX=100となります。

当初の価格は1000円、価格の変化分はΔP=-500であり、当初の需要量は400個、需要量の変化分はΔX=100です。

このことから需要の価格弾力性eを計算すると、

e=-(ΔX/ΔP)×(P/X)

=-(100/-500)×(1000/400)=0.5

となります。

需要の価格弾力性が0.5ということは、価格が1%変化したときに需要は0.5%しか変化しないことを表します。

つまり、価格の変化が需要量に与える影響は小さく、弾力性は低い方であると言えます。

参考記事⇒ 『財の弾力性

スポンサーリンク

 
もし参考になったらシェアして頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。